イタリアンコーヒースタイル②

前回は家庭用ミルクフォームを紹介しました。

ということで今回は業務用です。

スペシャルティコーヒーを扱う上で欠かせないのがカッピング。

ではイタリアではどのようにカッピングしているのか?そもそもエスプレッソしか無い国なのにカッピングなんてあるの?

これがあるんですね〜〜

わかりますか?写真がぼけて見にくいですが右側が通常のカッピングスプーン。それに比べて左側は一回り小さくて薄いんです。これはエスプレッソカップでもすくえるようになってるそうです。

そういえば2009年にイタリアのトリエステにある生豆業者でスペシャルティコーヒーの教本である「多様性の祝祭」の著者VINCENZO SANDALJ氏のSANDALJ社を訪問した時にもありました。

カッピングテーブルの上にある2つのカップ見えますか?右側が通常のエスプレッソカップ、左側がカッピング用のカップです。

この縦長カップでアロマを閉じ込めてカッピングするんですね

ちなみに私が訪問した時は全てエスプレッソで抽出し、その後カッピングでした

 

あ〜〜〜〜イタリア行きたい。あ〜〜〜〜〜産地に行きたい〜〜〜〜〜〜〜〜

来年はいくどぅ

ciao

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です