カッピングの重要性

みなさんカッピングってわかります?コーヒーの世界ではテイスティングとカッピング

両方あります。そのうちテイスティングはコーヒーを商品として完成した液体の味わいを確認するために行い、カッピングはあくまで素材の個性が活きてるか、焙煎はどうかなど商品前のポジティブな液体チェックです(先輩方間違ってたらスミマセン)

でリオではもちろん両方行うのですが、特にカッピングは難しい…

これが出来ないと味見しないで料理出すようなもんですからね!

mail-1昨日は他店さんの同じ銘柄のコーヒー豆とリオのコーヒーをカッピングしてみました。

おんなじマメでも見事に味わいは変わります、これも料理の世界と共通ですよね、同じ素材でも料理人によって味が変わるように

これだから飲食はおもしろいんですよね〜

変わり者が焙煎したリオのコーヒーは一番特徴的でした。

ちなみにこのカッピングの仕方とほぼ同じ抽出方法がTORREFAZIONE RIOでおすすめしているフレンチプレスです。みなさんご家庭でカッピングしてみては?

もちろんBar Rioではエスプレッソ〜ですよ!これはさらに個性がでます。最近は毎日味わいが変化してますのであしからず